裏顔 (2015年6月 9日 03:49)

昔に多重債務者が社会問題となった事がありました。その時は、貸金業者が消費者に向けて沢山のお金を貸し出していたんです。

そんな貸金業者と同時にヤミ金融業者も沢山のお金を貸しては返済を迫っていた時期があります。

国は、このままでは駄目だと言う事で貸金業規正法を改正したのです。

平成22年6月18日に貸金業法は完全施行

貸金業規正法の改正により、正規の貸金業者は、貸出を制限させられる事となります。

年収の3/1 配偶者の同意 収入証明 信用情報の登録 上限金利20%以下

貸出金額の制限や金利が制限された事で貸金業者は、貸出で慎重になりました。

様々な金融業者

即日融資カードローン、スピードキャッシング

お金を貸し出す貸金業者には種類があります。

  • 銀行
  • クレジットカード
  • 消費者金融
  • オートローン
  • 住宅ローン

上記のジャンルで沢山の貸金業者が存在しますね。

一言で銀行と言っても日本4大銀行(三井住友・みずほ・りそな・三菱東京UFJ)の他に地方銀行やネット銀行などがありますね。

消費者金融会社にしてもそうです。プロミス・アコム・アイフルなど銀行系の消費者金融の他に地方を拠点にしているキャネット・ユニズム・ユニーファイナンスなどがあります。

様々な業者が存在するのですが、業者毎に個人情報と与信情報を管理していることは言うまでもないでしょう。

個人情報と与信情報

個人の属性・契約内容・支払い状況・ローンの状況・キャッシングの状況

契約の申し込みから利用状況までデーター化してます。

日本3大信用情報機関

全国銀行協会・日本信用情報機関・割賦販売法

個人の信用を客観的に表したデーターを収集して管理、提供する事をしています。

会員会社である貸金業者などの健全な取引を支えています。

CIC
クレジットカード会社と信販会社
JBA
銀行と銀行系カード会社等
JICC
消費者金融と信販会社

ブラック共有CRIN(クリン)

CRIN(クリン)は過剰貸付や多重債務者の発生防止

クレジット インフォメーション ネットワークをCRIN(Credit Information Network:クリン)と言います。

ブラックデーターを共有するネットワークの事を言ってます。

各機関(CIC・JBA・JICC)の延滞、代位弁済等の情報及び本人申告情報の一部を共有することができます。

カテゴリ: